STAFF VOICE スタッフの声

故郷の那珂川町で、経験を活かして仕事ができることに満足しています。

メディア事業部 なかテレビ制作 ディレクター 笹沼 喜代子

前職では、映像系のイベント会社で、大型モニターを組んだり、映像の送出オペレーターを担当したりして、日本国内を飛び回っていましたが、故郷の那珂川町を出て約30年経つのを機に、ケーブルテレビで映像の職歴を活かして仕事をしたいと考え、入社を希望しました。
主な仕事内容は、那珂川町ケーブルテレビ放送センターで、番組制作を行っています。カメラを持って取材に行き、原稿を作成、映像を編集して、ニュースや企画番組などを作るほか、時には生中継も行っています。

仕事をする上で心掛けていることは、初めての取材や現場に行くときはもちろん、いつもの仕事を行う際にも、事前にできる限りの準備をしておくことです。機材や持ち物の準備はもちろんですが、前回の現場の様子を映像で確認したり、資料に目を通しておくことで、突発的なことが起きても対応できるようにしたいと思っています。

日々の仕事でやりがいを感じる瞬間は、取材先などで気軽に声をかけてもらったり、番組の感想を言ってもらえたりする時です。故郷の那珂川町で、自分の経験を活かして仕事ができることに満足しています。

栃プロは、
・イラストを書いたり、文章を書いたりするのが得意!
・人と接することが楽しい!
・映像や音響の機材に触るのが好き!
などなど、好きなことや得意なことを活かして、活躍できる会社だと感じています。